事務局日記

  1. 4時間前 · 【【驚愕】抗インフルエンザ薬は海外では飲まない!?本当に特効薬なの?】

    http://healthheadline.net/%E6%8A%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E8%96%AC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E7%89%B9%E5%8A%...

    • 4時間前 · 【【驚愕】抗インフルエンザ薬は海外では飲まない!?本当に特効薬なの?】 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  2. 「口呼吸」がもたらす免疫機構の狂い

    40年前から始まった医療に頼る育児赤ちゃん本来の育児を提唱する西原先生の理論これ、もめますよね。

    • 「口呼吸」がもたらす免疫機構の狂い はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  3. 現代医学に対する信頼と不審の根っこ「赤ちゃんの命のきまり」(言叢社)西原克成著 

    11月25日(土)西原克成先生の講演会がありますが。おまえ何そんなにはまってんの?という方もいらっしゃると思います。西原先生は被ばく問題、かかわっていません。

    • 現代医学に対する信頼と不審の根っこ「赤ちゃんの命のきまり」(言叢社)西原克成著  はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  4. 「病気知らずの子育て」(西原克成著)ハイハイと歯

    「P138 ハイハイをしっかりやる子は強壮に育つ もっとも重要なことは、舌が心臓と同じ呼吸筋肉でできていて、お乳を吸う吸啜(きゅうてつ)運動で心臓も血圧もぐっと強まるということです。これでおしゃぶりがいかに重要がおわかりでしょう。

    • 「病気知らずの子育て」(西原克成著)ハイハイと歯 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  5. 「病気知らずの子育て」(西原克成著)脳の症状と便秘

    「★P140今のわが国にはあまりにも問題を抱えた乳幼児が多すぎます。ほとんどしゃべれない子、脳症で目の焦点が合わないで泣いてばかりいる子、自閉症と言われる子、発達障害の子、5歳になっても、舌が口から飛び出してどうするこもできないで泣いてる子などなど。

    • 「病気知らずの子育て」(西原克成著)脳の症状と便秘 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  6. 痙攣発作も赤ちゃんの口呼吸が原因「病気知らずの子育て」(西原克成著)

    11月25日(土)西原克成先生の講演会のお手伝いをしています。西原先生の理論が医学界の主流の見解になってるとは言えません。医学界というのは、現実認識が20年遅れることも、普通ですから、多くの患者さんの症例をお持ちになってる西原理論をご紹介させていただきます。

    • 痙攣発作も赤ちゃんの口呼吸が原因「病気知らずの子育て」(西原克成著) はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  7. マンガ投稿 赤ちゃんの口呼吸は生涯の万病のもと(>_<)

    西原式、本能にもとづいた子育て、ちょっと考えて見ませんか?母乳が出ないかたは、おしゃぶり、哺乳瓶はドイツ製のヌークのものをおすすめします。(日本製のものは、赤ちゃんの口の科学を無視していますので)もっと妊婦さんや、赤ちゃんづれのお母さんに、やさしい社会であってほしい。

    • マンガ投稿 赤ちゃんの口呼吸は生涯の万病のもと(>_<) はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  8. 赤ちゃんの口呼吸は生涯の万病のもと イベント3

    西原克成先生 独自の医学理論について                                                             監修 梶原光政学生時代の西原克...

    • 赤ちゃんの口呼吸は生涯の万病のもと イベント3 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  9. 抵抗力・低体温の怖さ  イベントのお知らせ2

    被ばくの被害の出方が違うのはいったいどうしてなんだろう…。という素朴な疑問。それは、チェルノブイリへ小児甲状腺がんの手術のために救援に行かれた、松本市長の菅谷先生のお話を聞いていたとき、本当にそうだよな、と思ったことです。

    • 抵抗力・低体温の怖さ  イベントのお知らせ2 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  10. 完璧な保養?

    保養とは元来、放射能からの緊急避難であります。放射能汚染‥の中での生活は、敵の見えない戦争に似ていますね。普段意識していない精神的な疲労、そして放射能による肉体的ストレスを解消するために約1ヶ月(ベラルーシ政府の保養は約24日)を放射能汚染外の土地で過ごす‥というものです。