事務局日記

  1. エリザベス女王のために死ねるのか?

    各企業、各公的機関の職員の世襲率ってのは、気になるところ。なぜ、気になるか‥というとNHKの100円以下のニュースですね。皇室の祖先はアマテラス‥って、報道。放送事故ものです。頭が悪くなってる感じがするので、世襲かなとか思ってしまう。

    続きを読む
  2. 「おかあさんといっしょ」∑(゚ロ゚〃)

    今日はちょっと雑談。ぐちゃぐちゃの話です。まあ、愚痴みたいなもんです。何かがおかしい、けれど、なんだろう。おかしくなっている最中は、たぶん、はっきり言えないのだと思います。当団体も高齢化の準備に入る年齢にさしかかり、保養運動も前のような形ではできなくなってきています。

    続きを読む
  3. 誰があなたを助けるというの?

    名古屋でまたまた恐ろしい判決がでて、実の父が娘を強姦してるのに、抵抗しようと思えばできた‥という理由で父親無罪という判決が出たそうです。14歳のときから続いてる地獄から、日本の司法は、助けることができないのです。性獣です。

    続きを読む
    • 誰があなたを助けるというの? はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  4. 元号が変わっても政治が好転するわけでは無い

    新しい元号が準備されて、天皇の御譲位が近づいています。総理大臣が天皇になるんですか?(笑)平成になったときは、はい、これが元号…という感じだったように思います。

    続きを読む
    • 元号が変わっても政治が好転するわけでは無い はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  5. 武士道・死す

    新渡戸稲造『武士道』この本は日本人の方は一度、読んでみたら面白いと思います。江戸から明治に代わり、日本にきた外国人(西洋人)が、「日本は宗教教育がないのに、なぜ、道徳が行き届いてるのか?」と質問されて、新渡戸さんが、あれこれ考えて答えた書です。

    続きを読む
  6. 人生の三分の2は変えられる

    FBが書き込み停止になってるので、ちょっとおしゃべり書いておきますね。チェルノブイリ原発事故で、被災したベラルーシと、日本という二つの国は体制がまったく違います。かたや共産主義的社会主義(旧ソ連型官僚統制社会)、かたや資本主義縮小型民主主義の国。

    続きを読む
  7. ジュゴンのこと

    沖縄のジュゴン、3頭しか生息してないいうちの一頭が亡くなって、二頭はなんだか行方不明ってニュースを聞いて。どんよりしています。音にとっても敏感なんだとか。がーんがーん、という埋め立て音や、ドサドサっていう汚い土が落ちてくるのも。すごく嫌ですね。生きるの嫌になっちゃうよなぁ。

    続きを読む
  8. ベラルーシの論文トップ10に!おめでとう!

    機械の翻訳のママ2019年1月25日、ベラルーシ科学の日に捧げられた科学コミュニティの全国会議がベラルーシの国立科学アカデミーで開催されました。このイベントには、学術、大学、産業科学の約500人の代表者、若手科学者、省庁長、ベラルーシ共和国の高等教育機関が出席しました。

    続きを読む
    • ベラルーシの論文トップ10に!おめでとう! はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  9. 起立性調節障害‥?

    原爆ぶらぶら病とチェルノブイリ・エイズは酷似してる、と故・肥田舜太郎先生はおっしゃっておられました。そして、慢性疲労性症候群も。そして、起立性調節障害という症状が子どもたちに増えてるそうですね。当団体の保養での取り組みをご紹介します。

    続きを読む
  10. セシウムのレタスなどへの移行に関する有用微生物の影響

    ベラルーシ放射線生物学研究所(IRB)とEMRO社の共同研究の研究成果をまとめた論文が掲載されました。これまでやってきたことが論文になりました。ベラルーシ研究成果の概要1 ベラルーシの畑の土壌汚染地域の問題点。土壌を改善したいが化学中和剤を撒くと植物が育たない。

    続きを読む
    • セシウムのレタスなどへの移行に関する有用微生物の影響 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記