事務局日記

  1. チェルノブイリ35周年・ベラルーシ科学アカデミーナショナルリポート1

    ベラルーシ科学アカデミー・ナショナルレポート 1996年(英語版)無断転載禁止(著作権問題)第一章 チェルノブイリ原発大災害による放射線の環境への影響本日は、チェルノブイリ原発事故が起こってから35周年が経過しました。

    続きを読む
    • チェルノブイリ35周年・ベラルーシ科学アカデミーナショナルリポート1 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  2. 100ミリの呪いをとくために 20

    チェルノブイリの子どもたちの救援に関わって、かけはしも、来年で30年を迎えます。けれど、それこそ何がめでたい?ですよね。日本でも原発事故が起こって、チェルノブイリより悲惨な事故対策を見てると、本当にガックリします。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために 20 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  3. 100ミリの呪いをとくために…19

    今年の4月26日でチェルノブイリ35周年を迎えます。チェルノブイリ法は、1ミリシーベルト以上は避難の権利だけど、日本は100ミリ以下では、ガンは増えない…という宣伝がゆきわたり、1と100の間をしらべるうちに、心がしおれてきてしまいます。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために…19 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  4. 100ミリの呪いをとくために…17~18

    結局、悪い人たち…という言葉を使うととても簡単ですが。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために…17~18 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  5. それは政治活動なのか?NPO法人にとって

    先日も、ちょっと、NPO法が憲法違反だと、意見を述べてみたのですが。当団体の恥の話を書きたいと思います。東京新聞(R3.3.26) こんな記事をみつけました。国会議員でさえ、言論の自由を奪われてる話です。誰かが誰かに「これを言うな」っていう圧力をかけることは言論の自由の侵害。

    続きを読む
    • それは政治活動なのか?NPO法人にとって はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  6. オーフス条約…日本もいつか…

    昨年の8月、ベラルーシの大統領選挙の結果について、これは不正だ!ということで国民が抗議の声をあげました。欧州最後の独裁と言われていたベラルーシですから、その抗議活動には、当然圧力が入ります。それでも形をかえて人々は抗議活動を続けています。

    続きを読む
    • オーフス条約…日本もいつか… はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  7. NPO法は…憲法違反。言論の自由の制限ありき。

    今朝、ニュースを見ていたら、生活困窮、あるいは母子家庭、などに、政府は「NPO」を通じて支援するための予算を出す…という。「これは、相当おかしな政策だ。」と当団体のブログで書いて良いのかどうかさえわからない。早いこと言えば、NPO法には言論の自由がない。

    続きを読む
  8. 100ミリの呪いをとくために…14~16

    なんで国際原子力機関の話をながながやってるのか…。チェルノブイリで、良心派(国民守る派とでもいいましょうか)がやられた通りの、同じ繰り返しが、日本で起こってるから、なぞってるのです。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために…14~16 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  9. 100ミリの呪いをとくために…13 IAEAの逃げ恥

    IAEAがチェルノブイリ原発事故で小児甲状腺がんが増え始めてるときに、それは放射能のせいではない、報告を出したのは1991年5月。それみたことか…と、IAEAが言ってるじゃないか、大丈夫だと…というふうに非移住派が勢いづかないための2月のチェルノブイリ法成立だったのでしょう。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために…13 IAEAの逃げ恥 はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
  10. 100ミリの呪いをとくために…12(箸休め)

    チェルノブイリ法が、1ミリを基準に成立した経緯を追うことが、日本にかけられた「100ミリの呪い」を解くことになるのか?わかりません(笑)。ウンザリしてきました。嘘ばかり、意外に適当なので、資料読んでて、市井の人たちの命をなんだろうと思ってるか?と思いますね。

    続きを読む
    • 100ミリの呪いをとくために…12(箸休め) はコメントを受け付けていません
    • 事務局日記
ページ上部へ戻る