事務局日記

  1. オーガニック(有機無農薬)給食うらやましいね

    このところ、他国をうらやましい、うらやましい、と思うことが多いです。とくに、子どもたちをめぐる環境について。日本は、子どもたちの貧困問題(家庭のだけで子どもだけが貧困なわけがないので)が大きく、ボランティア活動で、「子ども食堂」が日本中でできてきています。

    続きを読む
  2. やまゆり園のこと

    あまりにも悲惨な事件なので概要はちょっと横において。障害者施設で働いていた青年が、施設の入居者を大量殺人した事件の裁判の報道がされています。優生思想…?人間が人間を生きる資格が無い…と断罪できるという発想そのものが、陳腐な思い上がりなことはいわずともしれたことだと思います。

    続きを読む
  3. りんごの森

    毎日、毎日、いろんなことがおこり、常識がどんどんひっくり返ることが多いですね。何を信じて良いかわからない、どう行動して良いかわからない、激動の時代です。しかし、どんな時代であっても、真実を消し去ることはできず、人類の歴史はその攻防のように思えます。

    続きを読む
  4. 自殺するかどうか?

    もし悩んでる人がいたら、もちろん思いとどまって欲しい…と思います。人生50年以上たってもまだ、小学生の時の担任の先生(若い女性だった)のことを思い出すと、悔しい思いがよみがえります。今の私からみて、たぶん、情緒不安定、人格障害があったと思うんだけど。

    続きを読む
    • 自殺するかどうか? はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  5. 子どもに触らさせてはいけない洪水の残留物

    洪水で流されてきた汚泥やいろんなものの後片付けに、追われてる方も多いと思いますが。なんのお手伝いもできず、ただ、警告だけ…というのもとても、卑怯に思えますが、心苦しい中でやはりお伝えしたいこと。

    続きを読む
    • 子どもに触らさせてはいけない洪水の残留物 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  6. 「りんごの森」へようこそ

    今年、チェルノブイリへのかけはしには、「りんごの森」という保養のための家が完成しました。北海道の岩見沢市というところです。古い一軒家を改装して、なんとか夏の保養に間に合いましたが、保養の最中に、北海道のサロマ町から荷物の引っ越しなどして、計画に無理があったかな、と反省しています。

    続きを読む
    • 「りんごの森」へようこそ はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  7. 実際、日本は壊れつつある

    原発事故が起こったあと、取るものもとりあえず、保養…。多くのボランティアの人たちが動いたと思います。しかし、国は何も動かなかった。多くの洪水や災害が起こっても、多くのボランティアが動いても、国は、何も変わらない。

    続きを読む
  8. 「死の灰」はポリコレなのか?

    1954年,第五福竜丸はビキニ環礁付近で操業していて,米国の水爆実験による死の灰に襲われた。

    続きを読む
    • 「死の灰」はポリコレなのか? はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  9. 1号機の格納容器の蓋がズレたNHKニュース

    ①号機の格納容器の蓋がずれたて。例によって、理由などの説明は無いです。

    続きを読む
    • 1号機の格納容器の蓋がズレたNHKニュース はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  10. ありのままに2

    ディズニーの「アナと雪の女王」が日本でヒット。「ありのままに」の歌もヒットしていました。しかし、これほど皮肉な現象をどう理解できるのか?人と違ったことを言えば、執拗につけねらわれるような国で。どこかの入社式にみな同じようなスーツ髪型の写真が出回っていました。

    続きを読む