事務局日記

  1. 早く寝ないとね…

    北海道の胆振の大地震。そして全道のブラックアウト。電気が停電して、北海道中が真っ暗な夜を迎えました。昨年、西原克成先生のもとで勉強して、睡眠時間は8時間、早く寝ないと…なんて言ってました。そして、中国医学の先生から夕ご飯は夕方5時までに。

    続きを読む
    • 早く寝ないとね… はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  2. 被ばくを差別する人にどうやって説明する?

    チェルノブイリ原発事故のあと、チェルノブイリから約180km離れたチェチェルスク(ベラルーシ共和国)という地区がとても汚染されてることがわかりました。15~40キュリーというひどさ。(1キュリーというのは、不正確ではありますが深さ5センチの汚染の場合は569ベクレル/kgぐらい。

    続きを読む
    • 被ばくを差別する人にどうやって説明する? はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  3. 微生物を使用した劣化ウランの固定化の研究

    劣化ウラン(U+6→U+4へ)還元するために微生物を使用した研究★アメリカ http://aem.asm.org/content/80/21/6638.full★フランスhttp://www.kakehashi.or.jp/wp-content/uploads/furanst...

    続きを読む
    • 微生物を使用した劣化ウランの固定化の研究 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  4. タイの洪水時のEM使用の記録

    2011年に起こったタイの大洪水のときに、EMを使用したときの日本語の記録の文章です。タイでは、軍がEMの活性液(培養した物)を国民に配布する役割をになっていました。西日本でもEMを日々ボランティアで使用したりしてるネットワークがあります。

    続きを読む
    • タイの洪水時のEM使用の記録 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  5. タイの洪水のときのEMをつかった衛生対策

    あくまでご参考に。もちろん、EMなんてインチキと言いまくってるサイエンスライター的な人たちもいます。先日、サイエンスライターはでたらめだとネットで指摘した人が名誉毀損で逆に訴えられ、長い裁判を闘っていました。

    続きを読む
    • タイの洪水のときのEMをつかった衛生対策 はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  6. ボランティア保険(社協)とボランティア一覧(日本財団)

    チェルノブイリの子どもたちの保養のとき、私達は「ボランティア保険」に入りました。おもわぬことで怪我したり怪我させたり、活動にはいつも、想定外がつきものです。★チェルノブイリの子どもたちそのものは、そういった保険にいれてもらえなくて、本当に大変でした。

    続きを読む
    • ボランティア保険(社協)とボランティア一覧(日本財団) はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  7. 日本のマスコミ??

    これだけの震災があって、行方不明のかたが50名以上です、というそれだけの報道に「え?」って思った方も多いのではないでしょうか?これから浸水した家の片付けや、捜索も、あるいは高齢の方が多いなどなど、二次被害三次被害が予想されてるのに「熱中症に注意してください」だけでいいのでしょうか?もっと、詳...

    続きを読む
  8. 政府官邸

    眠そうなご尊顔ですが。宴会もこなしながら、災害対策というのですから、政治家もなみはずれた体力が必要です。https://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201807/7_a.html8日午前8時、非常対策本部ができました。

    続きを読む
  9. 通れた道マップbyトヨタ

    家族や知人仕事の関係で、被災地域に向かわれる方へトヨタさんが通れたマップなるものをつくってくれています。もちろん、また雨が降るかもしれないので、変化はあると思いますが。参考になるかと思います。

    続きを読む
    • 通れた道マップbyトヨタ はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記
  10. 浸水被害にあったらまずすべきこと

    西日本のみなさま、災害のお見舞い申し上げます。東日本大震災も経験し、またもや避難所へ、パニックになったりするお子さんがいたら抱きしめて深呼吸させてあげてくださいね。まず、吐くことから。それからあまり考え込まないように何か、したほうがいいですね。

    続きを読む
    • 浸水被害にあったらまずすべきこと はコメントを受け付けていません。
    • 事務局日記