ブログ

新型コロナ‥市販の風邪薬と最悪の相性?デマ?

イブプロフェン‥という、言葉はどこかでみなさん耳にしてると思います。

冬の風邪薬のコマーシャルでどこかで。

世界中で拡散中の新型コロナ、フランスの保健省の大臣が、「若い世代で重症化した人たちは、イブプロフェンを含んだ風邪薬を飲んでいた」とTwitterしました。

まさに、見えない敵の姿がまだ明らかになっていません。

市販の薬の副作用なのか、何かの成分が反応してしまうのか‥。

(チェルノブイリの科学者たちが、世界中から医薬品が送られるがその医薬品の副作用に耐えられない‥なんて話をしていたことを思い出します。免疫不全‥などの混乱した状況で)

日本はいま、新型コロナかどうか検査をサクサクしないという方向性をとっています。

これは、どうしたことでしょう?

「具合が悪ければ家で寝てろ」という江戸時代の医学のようになっています。

西洋医学一辺倒できた国民に、いきなり、養生して体力を温存して病気とたたかって‥と。

たぶん、多くの人が風邪気味になったら、普通の風邪薬を購入して、寝る‥しかない。

それが効く風邪ならいいのですが、万が一、新型コロナだったら、重症化のリスクを負うと。

たとえば、既往症のある人のほうが重症化しやすい、といのは、それらの薬との相性が悪いのかもしれないですね。

「フランスのオリヴィエ ヴェラン保健大臣が3月14日、新型コロナウイルスに関して、イブプロフェンといった抗炎症薬が感染を悪化させる恐れがあるとTwitterで警告している。一方、医療機関からはフェイクニュースという指摘もある。」

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5e6ee46ac5b6bd8156fa2638

新型‥ということで、デマだ!いやそうじゃない!デマだ!

とういあとからあとからいろんな話が出てきます。

最初は「人から人へうつるかどうか」という話だったことを覚えていますか?

今はそれこそがデマ!と。

いやいや、空気感染するとまでいわれていて。

ただ、「誰が言ってるか?」ということも考えないといけないですが、この情報は、「医薬品メーカーにとっては相当のダメージを含む話」。つまり、簡単に出せるデマではない‥と思いますから、一応、頭の中に入れておいた方が良いでしょう。

検査してもらえない‥生存権の侵害だと思います。

検査をするかしないか‥病院が崩壊したら困るからというのなら、崩壊しない形を考えるのが政治の仕事ですからね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00080046-chosun-kr.view-000

日本人はまるで、ヤドカリとか、カタツムリとか、亀のような動物みたいな反応をしますね。

わからないこと、怖いことがあると。

つまり、フリーズしてしまう。

しかし、世界中の国が危機に直面して、危機との闘いに逃げないで闘っています。

WHOもようやく「検査、検査、検査をしてちょうだい」と言い始めました。

感染の実態を把握しないで、なんの対策も立てられません。

このままでは本当に危機がおとずれたとき、国家崩壊です。

たとえば、自宅待機の怖さについて。

家族が感染したら、自宅待機の場合、ほぼ全員感染します。

ここで危険になるのは、高齢者ですね。

なので、家族の中から感染者がでたとき、感染してない高齢者を安全なところに隔離する、感染してる人を隔離する、

そのような対策は考えられてるのでしょうか?

また、高齢者のいない家庭で。

お父さんやお母さんが、感染して、入院してしまった場合、子どもたちはどうなるか?考えられてるのでしょうか?

大切なことは、軽症で症状が出ないまま終わる患者さんをみつけて隔離することです。この人たちは7~8割と言われています。ああ良かったねではなく、このことで、武漢などでおこった重症患者大発生、医療崩壊を招くわけですね。

イタリアでも同じじゃ無いでしょうか?

もちろん、それをやらないのは、政府の責任にすれば、隔離した人に経済補償をしなければいけないからだと思います。

今のように、なるべく自宅にいて、集団にならないようにと言われてるだけでは、それがいつまで続くのか‥。

このまま政策が何もないままでは多くの人が職を失い、家も失うことになります。

それが本当にいつまで?

検査を一生懸命やった韓国ではもう発症者数が減ってきてると。

死亡者も78人で止まっています。重症化させなかったんですね。

今、まだ最悪の事態にいたってないうちに、市町村の議員さんたちをせっついていかないといけないと思います。

地元の商店街や商工会の人たちもみな本当に困ってると思います。

観光のホテルや旅館もお客さんが来ませんね。

あまりいいことと思えなかったけれど、武漢からの帰還者を千葉のホテルに隔離していたことを考えると空調設備のあるそういう施設に軽症の人はいてもらって、お弁当も手渡しじゃなくて、ドアの前に置く。

そういう対応だったと思います。

今日本は、若い人は家にいて、と言われるけれど、でも、感染してるかしていないかわからない状態で、自粛も限界ですね。

それじゃ、そのホテル代とお弁当代も政府が負担すれば、それはそれでお客さんが来なくなってしまって困ってる事業者さんたちを救うことができるはずです。

地元経済のなかでしっかり回していくことですよね?

喉が痛い、頭が痛い、このぐらいならといって、仕事に出てきた日本人を、国はもっとかわいがって心配して欲しいな。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。