ブログ

新型コロナの治療の専門家はいないのに…安全を強調しないで

コメントくださってるみなさん、ありがとうございます。

今、コメント欄には、外国人?と思われるスパムメールが山のようにくるので、削除するだけでも一苦労です。

一つひとつ迷惑メールにしてるのですが。たぶん、ランダムにメルアドつくれるシステムでやってくるのですね。

そんなわけで、ゆっくりになりますが、できるだけコメント欄に書いてくださった方にお返事を書いていきたいと思っています。

さて、既存のウィルスと同じ対応で大丈夫?

手洗いしてたら、うつらないよ、人と離れていたら大丈夫?

そういうことのすべてを疑ってかかるとしたら、社会生活を営むことは大変むずかしい。

けれど、「人間集まるな!」というウィルスの無言のメッセージを無視して、なめてかかれない…そんな怖さを感じています。

福島原発事故のときも、「このぐらいの放射能なら安全安全」とチェルノブイリで起こってることを見たことも無い人が専門家として安全宣言だしてることにゾッとしました。

そして今、チェルノブイリで立ち入り禁止区域になってるような双葉町をもういちど、人為的に開く…。

オリンピックのために。

でも…そういう悪さもできなくなりそう。

おいおい、新型コロナの、「集まるなというのに、言うこと聞かないで集まったら殺す!」

という強いメッセージ性を、紹介したいビデオメッセージです。

イタリアの方から。

イタリアはチェルノブイリの保養運動をとても大々的に受け入れられていた、やさしい民族、国家です。

そしてフクシマ原発事故のあとも、フクシマで被害を受けた子どもたちを保養にイタリアに…といのいちばんに声をかけてくださった、とても恩のある国だと感じています。

ベラルーシの子と、日本の子が同じ家にホームステイしていたなんて話をきけば、本当にふところの深さを感じます。

しかし、イタリアの人たちの暖かさ、おおらかさ、細かいことは気にしない…その長所が、今回のウイルスによって、思いも寄らない結果をまきおこしてるようです。

涙無くしてみられない映像です。感染したご本人からのメッセージです。

https://www.facebook.com/watch/?v=2546120555660631

 

「重症化するのは高齢の持病のある老人だけだ、安心安心」????

もっともらしい説明で社会は少し心配を緩めたかもしれません。

なぜ、老人が重症がすることが、社会で容認されるんでしょう?

しかも、アメリカからは

感染者の50%以上は若い人たちで重症化する危険もあるという情報も出ています。

また、軽症者で、症状が無い人でも、肺のCTをとったら異変が出てる人もいるということです。

つまり知らず知らずのうちに肺機能が落ちる。

しかも、重症化から回復しても、に後遺症が残ってる…という話も、あるそうです。

そして、一度直っても、ウィルスが何週間も生きるためなのか?また再発すると。

これは、よほど気にしないといけない話だと思います。

 

潔癖症、完璧主義の日本人が、死の灰やウイルスにたいしたことないさ、といえるそのラインも私にはちょっと理解できません。日本人らしくないからです。

気にしてる人は、食品汚染や土壌汚染を計測するシステムをつくってくださり、まさに日本人らしさを発揮しています。

しかし、「たいしたことないさ」というプロパガンダによってすべて打ち消されてきました。

でも…。

チェルノブイリで隠蔽できなかったのは、死亡率の上昇(加えて出生率の激減)と、小児甲状腺がんの発症、と言われています。

日本は、小児甲状腺がんの発症数さえごまかしてるありさまですが、旧ソ連よりたちがわるいのかもしれません。

まあ、人の不幸でメシが食える産業が日本にあるからですね。

誰も信じるな…と本当に思います。

自分の人生後悔しないように、テレビからあなたを安心させようと、言葉柔らかに大丈夫を言う人ほど、気味が悪いんですが。

世界中に広がった新型コロナですが、各国、生活補償の具体的な金額が出てきました。

いちばんすごいのは、ベルリン市の自営業者への170万円の資金補填でしょうね。

まったくそんなお金どこにあるんだ?

日本にないことがおかしいだけですよ。

日本は、一党独裁(ほぼ一つの政党が長期政権)のため、政治家や官僚組織が肥大して秘密資金のように国民から吸い上げています。武器の爆買い、みんなの税金でつくった公共事業を勝手に売り払ったり…。

新型コロナの問題が起きるまでは、日本国中のベット数を減らす、病院を減らす…という話をしていました。

そのことをやってしまっていたのが、イタリア。

医療崩壊の一端が、そこに見え隠れしています。

いのちに関わること、事業を、国が保証しなければ、中国が止まって、マスクもない、原材料もないと、まったく日本政府が機能していない状態です。

かえりみえれば、日本のそうした産業が廃業し続けてきたんでしょうね。

鳥取のある工場を引き継いだ会社が「マスクの製造ラインは残しておけ、10年に一度は必要になるから」と前の所持者から言われてそのまま材料も残していて、生産再開に踏み切ったそうです。

政治がしなければいけないことを、民間でしてる。

それが日本のすごいところですが、なすべきことをなしていない政治家や高級たちに、高給をしはらって、国民たちが外出禁止で、仕事ができないで干上がっていく。

よく平気で言えるよなぁ。自宅待機で保証金、なんで出してあげないんだろう?

やっぱり、税金無駄遣いの無限ループにたどりつく。

そういう無駄遣い贅沢生活を支えるために、国人は耐乏生活と、「たいしたことないけれど、感染したら外出したあなたのせいよ」みたいなところにいざなうテレビはどうなのかなぁ。

いやらしい…。

一家に一台、人工呼吸器!テレホンショッピングが売り出すのも近いのかも。

追記

家族で引きこもってるといっても、家族の誰かが感染した場合、みな感染してる話をよく聞きます。

トイレが感染場所となる…とも。

日本の家屋ではとても危険です。

軽症であってもホテルのようなところに隔離されてるほうがお互い安心ですが。

その倍の高齢者、あるいは子ども、が誰が責任もって、面倒みてくれるのでしょうか?

政府は用意しておいてほしいと思います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。