ブログ

天皇陛下、美智子皇后様、ありがとうございましたm(_ _)m

天皇制反対の方もいらっしゃるでしょうけれど。

私は、本当にお二人に、ご苦労さまです、ありがとうございましたm(_ _)mと思います。

腐敗した政治、子ども大人の増員、などなど、毎日がとても殺伐としてる中で、「人間最後は人格だよなぁ」といつもお二人をみて思ってました。

そういう尊敬できる人に人生でめぐりあう、というのは、今は奇跡に近いと思います。

いろいろなところでご挨拶をされるときも、お二人はご自分で原稿を書かれるのだとか。そのためにその団体の活動を調べたり‥。そういう作業を「手間をかける」とか「心をこめる」とか「寄り添う」というのだと思いますし、身をもって示されたのだと思います。

原発事故のときは、陛下は長い時間、ご挨拶にお伺いした旧ソ連の専門家に、あれこれ質問されたそうです。

 

憲法守れ‥という勢力の中の一部で、天皇制はいらぬ、というのであれば、それは憲法改正を求めてるということになり、そういう闘いだと意識してるのか?と質問してみたいです。

私の祖父も徴兵されて自決させられた組です。生まれた子供の顔さえ見ることなく。

同じ戦士でも、軍人だった人は恩給が復活してる。こんな不公平ある?

戦争を負けに導いた軍人に恩給?

それでいて、原爆被爆者の補償には延々と裁判やって、いじめてる。

それが「昭和」の精算されない問題です。

その時代に生きてた一人ひとりに責任があり、まして、政治にかかわったものには、もっと大きな責任があります。

平成の天皇として、象徴天皇制とはどうあるべきか‥という問のなかで、つくりあげられたご活動。多くの国民が、昭和という戦争責任を、平成天皇として、あのような形で取ってきた‥ということを受け止めていると思います。現在の憲法下で、天皇は政治にかかわる発言ができない中で何ができたか‥。言論の自由が天皇にはありませんから。

そういう中で、今また、アマテラスの子孫であると、NHKがおかしな報道をはじめて、「え?お二人の活動をみてこなかったの?」と首をかしげます。国語で言えば読解力がおかしい。

問題は、「大本営」として責任を国がとってきたか?ということです。

先日、北海道の夕張の炭鉱あとの博物館の石炭に火がついて燃えだしました。

誰かのインタビューがちらっと出ていて、本当だなと思いました。

「あそこにたくさんの怨念が埋まってる。未解決の‥」

私の子どものころ、親から上の世代が、本州のことを「内地(ないち)」と読んでいて、どういう意味なんだろうと思ってました。もうそんなふうに言う人はいなくなりましたが。

北海道が「外地」だったんですね。植民地にしていた、朝鮮半島、満州、などなどそれらも「外地」。

そして、戦争のために‥???と称してたくさんの日本人が騙されて、あるいは徴用工として中国や挑戦半島から多くの人がつれてこられて、炭鉱などで働かされました。

いまでさえ、労働条件がないような日本です。今からもっと過酷な状態で、使い捨てられ、ときには人柱として、鉄橋の地盤を固めるのに埋められた人たちもいて、その遺骨がみつかったりしています。十分な栄養と休息も与えられず、亡くなっていった人も多い。逃げてもつかまって生きてられたかどうか。炭鉱だけじゃなくそこに娼館もつくられ、東北の貧しい農民の女の子は子どもでも売られていったといいます。

それは地獄だったと。自分の意志と関係なく売られていくんですから。そういう愚かな時代。

つまり彼らのストレスのはけ口とセットなんですよ。慰安婦問題は当時の日本人の男性の発想そのままですね。暴動が起きないような装置の一つ。

そこの遺構を、何がすごい遺構のように宣伝して、苦しんだ人たちのことを伝えてきてるのか?

つまり、ことさら、良かったよ良かったよ!という面ばかり強調しても、物事には裏があるわけでちゃんと暗部を伝えないと。

もえ続ける煙が、物言えぬ魂の最後の抵抗のように思ってニュースを見ていました。

慰霊してあげてるんだろうか‥。当時の経営者たちは。もうかった人たちがいるわけですよね。

人間を牛馬のように扱ったのですから。今でも大企業としていられる原資を得たわけです。

問題は、日本の先祖の過ちを、どう受け止めるか?なんですね。

それを言うな!お前は反日だ!という人は、とても弱い人だと思います。

もしも家族の中に、殺人犯、詐欺師、重ねる借金マニアなどがいたら、法律に従って処理すべきであって、それを隠しても、家族は更生しないですよ。

また過ちを繰り返さないために、日の丸を掲げない、君が代を歌わない、という運動をしてる人たちもいます。

けれど、それも運動の一つであって、強制はだめだと思います。そういうやり方がベストかどうかを押し付けてくる、回答が先にあって、過程がないかあってもワンパターンです。

天皇がアマテラスの子孫だと強制されるのも嫌なのと同じです。

日本人は、どちらかに統一されないと落ち着かない習性がありとてもやっかいです。

たとえば、原発反対してる、被ばく者救済!というと、じゃ、差別をなくすために天皇制に反対して、日の丸君が代も反対して、国民のことは市民というように、それを共有しないと仲間じゃないよ、みたいな、そういうイデオロギーの中に組み込まれていきます。

いやいや、日本の人権問題もちろんたくさんありますよ。レイプした男が無罪になるとか、実父が娘を性的虐待してもも無罪とか。そういう日本のすべての人権問題も、いきなり背中に背負わせられて、「理想の回答」が用意されていて、そのとおり言わないと、仲間はずれにされる、という空気はなんなんだ?

この頃は、毎日あまりに事件が連続していて、「理想の回答」が遅れてくる(笑)。

ところでその「理想の回答」って誰が書いてるの?

原発は反対だけど、被ばくについては言及しない‥というのが、政治的安全ルールです。

はっきり言えば。これが理想の回答。だいたい野党をみればそうなっています。

憲法改正反対いいながら、天皇制をなくせ!は両立できるんですか?

それも運動であり、そのことを言える「言論の自由」がとても大切なんですね。

今日は、テレビの報道で、「平成最後の‥」が枕詞になっていて、御朱印3000円とか並んでる映像。

記念品をなんとか買ってもらって商売したい人の気持もわかります。

この不景気ですから。でも、みな老人福祉のためにお金貯めないと‥という意識で財布のヒモは‥ゆるめないですからね。戦争をしない日本で大量に武器を買い込む‥裁量が、総理大臣とアメリカの大統領だけで決められる、という日本に驚きます。平成最後の爆買い。

でも‥日本人は自分のためにしかお金を使わないんだよなぁ。

と思ってテレビを見てました。

「国民に寄り添う」のは天皇皇后だけでいいんですか?

その3000円を災害救援や子どもたちの救援に募金したらどうですか?

困ってる人苦しんでる人のそばによって話をきけば、おのずとお金の使い道について、考えがかわるのではないでしょうか?

平成最後にビッグイシューを買ってみる(路上生活者のための資金に寄付されます)など。

見習うことで新しい道を開けるのでは?

政治家は「寄り添い」ではなく、救済法案をつくって、企業ではなく人にちゃんと福祉が回るようにする責任があります。役割が違うんです。

家族の財布を預かってる人が適切に使ってるかをチェックするのは家族の役割です。

無駄遣いしてたら更生させないと。

日本の運動や政治のかいわいに転がってる論理や回答が、なにかときには天皇制よりも古臭い使い回されたように感じます。

それは旧ソ連の政治の過ちにとても良く似ていますから。

つまり、右へ行っても左へいっても、言論の自由の危機があるということです。

そういうことから「思想的に自由」になりたい。

さて、御朱印に話が戻りますが。

「こんまりメソッド」というNetflixの配信番組があり、近藤まりえさんが、お家の片付けを指南する内容です。

それで、何が言いたいかというと、彼女は、紙は基本、全捨て‥アドバイスですね。

断捨離するのに、キーワードは「ときめき」を感じるか‥で。

紙にときめき感じないですから。普通。雑誌の切り抜きとかスクラップしてときどき眺めるように‥とか。

え?そこまでやります?御朱印を。

福島原発事故以降、紙の資料が山程つみあがり、連休中にかたづけられるかしら?

それで、御朱印なんですが。3000円出して、いつまでトキメキ感じるか?って話なんですよ。

私が見た御朱印には、葵の御紋も入っていて明治維新てんこ盛りだな、と笑いました。

国民はなんでもいいと思ってるけれど、

天皇の商売の利用は、片目つぶるとしても、政治家がこのタイミングでイベントにしてしまって、自分の露出を増やすような政治利用はだめです。

政治利用は、天皇陛下と美智子様のご活動をちゃんとみてこなかったか、侮辱だと思います。

(いろんな立場の方がおられて、第二次世界大戦のとき、日本軍に家族が残酷に殺された方々が、そのなまなましい記憶があり、語らずにおられない、という話もあると思います。どうか語ってくださいm(_ _)m私達日本人は聞くべきなんです。

私が嫌なのは、日本軍がこんなだったから、お前たちはコレを言うな!日の丸あげるな!という回答を押し付けられることです。むしろ、あなたのそのモノイイイが日本軍の亡霊そのもじゃないですか?それなら、あなたも大音響でつなぎをきて車に乗ってくれたほうがわかりやすい。韓国のドラマをみていて、植民地時代のお話ですね。旭日旗をもって日本軍が上陸して人々を殺すシーンがあります。いや、これまじ怖いわ、という感覚ですね。そこに嘘がない。理解もなしに、何かを表現させられるのは嫌だなあと思います。たとえば、旧ソ連、ではナチスドイツに国民が殺されました。ベラルーシでは、国民の四分の一です。それで、彼らはファシズムとの闘い、どうやってその恐怖を乗り越えたか、ファシズムはだめなんだと次世代にとうとうと伝えてきました。私達日本人は、ドイツと同盟国だったので、彼らは戦争博物館につれていって、二度とファシズムと同盟しないように教育しようと躍起になります。個人でも。政府に反対したら即行方不明になる恐怖政治の中でそれは行われてきた。そういう思想が両立できるんですか?そういう矛盾をもっと私達は敏感になるべきです。政治というのはご都合主義でもっともらしいこと言ってるだけです。平和のために高額武器を買いまくるとかそういう矛盾ですね。それから、天皇制ができる前から日本にいた人たちですね。そういう人たちは差別されてますよね。負け組とされてきたような。いろんな立場があって当然だと思います。)

私達国民のために、地球の平和のために、被災者のために祈ってくださってありがとうございます。

解決は次世代に戦争責任のバトンが渡され、過ちをくりかえさぬよう‥に、そして解決に向かうようにと思います。

解決?苦しんだ人たちの心が納得するまで‥終わらないと思います。

https://www.asahi.com/special/heisei-inori/11/?fbclid=IwAR3wvW4r-hqNIg8x-maE1Xp3EurEGOO7AxgpOnAfdjM1g1g1DmSvVhaPG9Q

それぞれができることをやると同時に、政治システムが国民を不幸にしないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 篠田比呂也
    • 2019年 5月 02日

    シェアさせていただきました
    こころして 読ませていただきます
    m(_ _)m

      • nora
      • 2019年 5月 04日

      ありがとうございますm(_ _)m

コメントは利用できません。