ブログ

なぜ、川内原発を止めてくれないの?

hinanyako

原発を大好きな人達は、
自分たちの都合のいいように
法律をつくるから
大地が雷鳴轟かして
警告してるぞと
多くの国民が震え上がっていても
「合法的」に止めないと言う
止めなければいけないという法律が
ないだけなのだ
悪知恵で
私たちをしばりつけてる快感
法の前に、自然界の掟があろうに。
それさえももう聞こえなくなったか?
金の亡者たちめ!
老い先短い私たちの危機感と
放射能の中を
70年も80年も生き続ける
いや生き続けられるかどうかさえ
不安の中
奪われ続ける健康に怯える
子どもたちとでは
問題意識のレベルの高貴さは
ヘビと神ほどにもかけはなれ
誰も助けてくれぬなら覚悟して
ガイガーカウンター

ヨウ素剤

防毒マスク

防護服と
ガイガー頼りに
逃げるしかない。
もう騙されまい
今の国が
国民の親であることを
やめて
子に愛をそそがないと言うのなら
復興という言葉は、「奴隷になれ」と同義なら
私たちは生き抜いて
生きとし生けるものを味方につけて
生きていこ
子どものまなざしは
もう新しい世界へ行こうと誘ってる

★大きな大地震が来て、津波が来るようなことになったら
ヨウ素剤をさっさと飲んだほうがいいでしょう
(本当は飲んでいいかどうか医師のチェックを普段のときに受けておいたほうがいいのだけれど)
それから、目や耳、鼻に放射能が入らないように子どもを防護して
身体に放射能がついていても除染してもらえないから
防護服をきて
安全なところについたら袋にいれて捨てられるようにしたほうがいい。
(本当は回収してくれるのが一番だが)
ガイガーカウンターとラジオでどこが風下にならないか判断
できれば発酵食品、
私は微生物グッズを持って逃げる。
万が一、目や喉をそれで荒い、飲めるように。
発酵させた酵素ジュースがあれば子どもに安心
大人であれば赤ワイン1パイのみ。
それ以上飲むと毒となる。
飲み過ぎた人間はそのペナルティを受けることになる。
粘膜の被ばく(内部被ばく)を極力さけること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ヤソ
    • 2016年 4月 19日

    川内原発で長周期地震動が、基準値超えていたと、おしとりマコさんが発信していらっしゃいます。
    避難路の確保も、この地震で出来なくなっているし・・・・。
    当たり前にルール適用をしたら、川内原発は当然止めなくてはいけないでしょう。
    田中委員長のおしゃる「科学的判断基準」で、止めるしかないはずです。

    それとも、原発は日本人を淘汰するために動かしているので、
    基準を作っても、それは絵に描いた餅みたいなものなんですかね?

      • nora
      • 2016年 4月 26日

      ヤソさん、本当に。どうしてどうして止めてくれないの?
      と思うと、、行き着くところ、国民を愛していないのでしょう。
      経済がうるおえば、うるおえば、というけれど、設けるお金に天井がないから、一向に福祉に回ってこない。
      そうなってからもう何十年もたってしまいました。
      それが当たり前になって、経済経済と言われると、選挙民もスイッチが入るようになってしまったんですね。
      大地が揺れてそれでいいのか?と問うているように思います。

コメントは利用できません。