BLOG

レオニド君の小児甲状腺がん闘病体験記

 チェルノブイリ原発事故で、小児甲状腺がんになり、その体験をしたためてくださったレオニド君のお話を紹介したいと思います。
 日本で原発事故が起こったとき、彼らのように事故の被害をうけた人々が日本の子どもたちのことを心配してくださったこともお伝えしたいです。
 私は彼に「国に対して恨みはないのか?」と質問したら「避難もさせてくれたし、できるかぎり保養にも出してくれた。医療もうけさせてくれた。できることはみんなやってくれた」(国の悪口を言えない国の人にしてはいけない質問ですが)けれど「チェルノブイリ障害者…の毎年の更新手続きが煩雑すぎて、それにははらただしい」と言ってました。
 小児甲状腺がんになって甲状腺を全摘出した子は「チェルノブイリ障害者」と認定されるのですが、毎年のその申請作業が必要で、それが大変だと。「甲状腺がはえてきてません」という証明をしなければいけないという。【官僚禍】…というのはどこの国にもありますね。そういう話はベラルーシや旧ソ連にはごまんとあり、ワイロがほしいか…とも言われてる。
チェルノブイリ原発事故のとき、6歳半。「チェルノブイリ」というドラマで、歩道橋のようなところで、人々がチェルノブイリ原発の火事の炎を見学してたシーンを思い出します。
 そして、同じ病気をわずらってる日本の子どもたちへ。人生に重荷を背負わされても、決してあきらめず、人生を楽しめるときが来ると信じてください。もちろん制度政策の充実があってこそです。
 結婚して子どもをもうけて、人生を楽しんでいる先輩たちが、ベラルーシにもたくさんいます。
レオニド君は、ベラルーシに原発が作られると聞いて、はじめて、市民運動に文章を寄せてくれたとのことですが。これは、社会主義の国ではとても勇気のいることなのです。どのような思いで語ってくれたのか…。ベラルーシ製の甲状腺の薬(毎日飲む)は副作用がキツく、日本は、ドイツのだから副作用は軽いはずだよ…という慰めのことばも。(ドイツ製のは当時、武田薬品が買収すると言われてました)
人々気持ちがが、人類のおごりの技術で犠牲になった方がたに寄り添えますように…。

『チェルノブイリが二度と起こりませんように』

 子ども時代は人生の中で最も美しく、その思い出は最も温かい感情を呼び起こすものです。しかし、忘れたくても忘れられない記憶というものがある。それは、自分の中に、体の中に、邪魔で、苦しくて、決して消えることのない記憶だからだ。
 そんな私の記憶のひとつに、チェルノブイリがあります。
 子どもの頃(クリュキ・ブラギン地区の村に住んでいた)、夕方になると、10km先にあるチェルノブイリ原子力発電所の赤い灯りがチカチカするのを見るのが好きだったのを覚えています。私はしばしば、父や母に「あの灯りは何?その答えは、「大きな発電所の明かりで、そのおかげでテレビでアニメが見れたし、家の電気もついていた」というものでした。その光は、未知の力のように私を引きつける。この奇跡を間近で見るために、両親に頼んで行ってもらいました。
 チェルノブイリの最後の記憶も覚えています。恐ろしいほど長い火災、火事、煙の雲が風に乗って私たちの村に流れ込み、空にはたくさんのヘリコプターが。とても怖かったのですが、この火災で膨大な数の人命が不自由になったとは思いもよりませんでした。この火事で、私の人生も不自由になった。
 悪夢のように、避難、療養所、見知らぬ家の見知らぬ人、新しい、しかし私にとっては見知らぬ、別の村の家、新しい学校、新しい友人を思い出します。
 そして、幼少期といえば、病院の白い壁、白衣、愛する母の悲しい顔、常に母が来るのを待つことなどが連想されます。これは病院の記憶であり、たくさんあったのです。
 美しいものが一瞬にして恐ろしいものになること、人の命や健康を奪うのは簡単だが、それを取り戻すのはほとんど不可能であることを、私は病院で生まれて初めて実感した。

12歳のとき、私は甲状腺の悪性疾患と診断されました。私は、ブダコシェロフ地区で最初にこの病気と診断された子どもでした。ミンスクの第一臨床病院で診察と手術を受けました。そして、病院や療養所で治療を繰り返しました。平凡な人生を終わった。
 リハビリを開始し、今日まで続いている。最初は永久に、その後は定期的に医学的なモニタリングを行う。命を守るための薬が常に必要な状態。再発を心配する気持ち…とても辛かったですが、成長も早かったです。
 体調不良で授業を欠席しても、しっかり勉強するように心がけました。高校卒業後は農業大学校を卒業しました。今、私はエンジニアで、妻と子供という家庭を持っています。自分の家を建てて、自給自足ができる人間になりたい。もっと成果を上げられるはずだが、健康状態が許さない。自分の病気や合併症のことは話したくない。2001年にMRECで障害者手帳を確認したわけではありません。
 チェルノブイリ原発事故は、私の人生に恐怖を運んできた。これから始まる医療操作、手術の恐怖に、小さな心は何度しめつけられたことでしょう。恐怖は私の人生から喜びを奪っていきました。
 今、私は大人になって、長期寛解期に入り、過去を忘れようとしながら、普通の人と同じように生活し、仕事をしています。私の人生に喜びが戻ってきたのです。
 ベラルーシに原子力発電所が建設されることが決まったと聞き、私はこの手紙を書くことにしました。他の子供たちや私の息子に、「平和な」原子の犠牲者の道を繰り返してほしくないからです。彼らの人生が私のようにHAPPYではなくSTRENGTHに変わってしまうのは嫌なんです。

私の詳細 born in 1979, 既婚、息子2人。

医療記録より:1986年8月、ブダコシェリア郡グビチ村に避難。 1991年1月、甲状腺腺腫と診断される。1991年5月22日、甲状腺悪性腫瘍の手術(左甲状腺切除術、峡部切除術)を受ける。
1992年 器質性甲状腺疾患に対する複合治療。
1992年12月11日、全身疾患のため身体障害者と認定された。
1993年2月24日、チェルノブイリ原発事故と診断される。
2001年 – 胃12分の1の消化性潰瘍病を患う。
Lサイロキシンを200mlgの用量で常時摂取すると、その用量に耐えられなくなる。甲状腺機能低下症の間欠的なエピソード。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る