ブログ

三つの密…って本当かな?

ヤフーニュース

「都内の感染指定医療機関で何が起こってるか…」

というリンク。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatos

hi/20200328-00170113/

東京の指定医療機関もすぐにいっぱいになり、なかなか退院の許可もでなくて大変だと。

わずか4日前までオリンピックやりきるしかないさ!100%決行!のノリだったのに。

むしろこの状況だからこそ、延期を決めたというのなら理解できます。

さて、日本で言われてる、三つの密について、とてもよくわかりにくいです。

というのは、武漢や欧米では並ぶ列さえも2メートルあけて、とハッキリ言われています。

https://twitter.com/Steph_Sprogis/status/1242404830070460417?s=04&fbclid=IwAR2TqMufTXBwWmoDvwa9Yp9EQ1PdNKI_Pd-WpNLukWCjRCiWWH3GzFPNun4

2メートル離れてお客様の洗髪をどうやる?という皮肉たっぷりの映像ですが、笑った後、ちょっと心配になるのは、この映像の場合、三つの密に入るのか?①と③に当てはまるといえば当てはまりますが、三つの密の説明がとてもアバウトなように感じます。

また、不要不急の外出は控えて…という都知事の発表に、質問が相次いでることに少し驚きました。

これは不要?これは不急?と、レールからはずれてはいけないとばかり質問してて、東京の生活は窮屈なのだなあと思いました。

ハッキリと、「レストランで友達どうしてメシなんかいつでも食えるだろ?」と言えないもどかしさ。

北海道はそのために、ほとんどの外食産業が閑古鳥がないて、小さな街の単位で、急遽、地域のデリバリーのお店を集めたチラシをつくったり、FBでページをつくったりして、なんとか、お店がつぶれないでほしい、という応援をしていました。

本来は、政府や都道府県の要請なのですから、損失補填をしたらいいだけなのです。

それをしないからみなさんものすごい不安ですよね。

収入にかかわるから、都もモゴモゴとした言い方で。

聞いてて、ああ、経済補填する気ないんだなぁ。って思いました。

今、世界中で何が起こってるか…欧米先進国の主要都市は、封鎖されて、レストランも何も営業できなくなっています。あいてるのは食料品店と、それから医療機関と警察のみ。

それはどういうことかというと、『一時的資本主義凍結につき緊急的社会主義体制』になって、家から出られない働けない国民に、経済補償をしています。

それが…日本の政府はどうしてもどうしても…言えない。

それだけは言えない。

だから、商品券あげるから…という仰天発想。どこまでもどこまでも、ヒモ付きで気持ち悪いんです。

消費税増税で売り上げが落ちた産業の補填に、コロナで働けない人への経済対策とくっつけるという悪手。

別でやってほしいですね。

そもそも、東京都もここまで判断遅れたのはオリンピックで儲けたかっただけなのでは?

という意見も多いですよね。

なんにしても、疑われるようなことをしてはいけないと思います。

どなたかが、SNSで書いてましたね。政治家の給料も商品券で払うべき…と。

しかし、大笑いしたのは、「図書券で払ったらいい」という意見でした。

あまり本を読んだことの無いような人が多いので図書券で勉強してもらったら良いですね。

https://www.afpbb.com/articles/-/3275707?cx_reffer=line-news&utm_source=line-news&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_0328&fbclid=IwAR2tzOwWsD92BREVOcqhyGvTkCgTJ8H8kVmKQevYiuznhsdhQKvaJLIVJMQ

冗談はさておき、フランスで持病の無い16才の少女が、新型コロナの肺炎でなくなりました。

「ジュリーさんの姉のマノンさんは「当初から、新型ウイルスは若い人には影響しないと聞いていた。皆と同じように、私たちもそれを信じていた」と話した。

サビーヌさんがジュリーさんの形見として持ち帰ることを許されたのは、洗礼の記念のネックレスとブレスレットだけ。他の物は全て焼却処分が命じられているという。

ジュリーさんの遺体は、数日中に予定されている葬儀まで病院に安置される。用心のため式は執り行われず、埋葬への立ち会いは10人しか認められないとしている。

マノンさんによると、ひつぎは閉じたままにしなければならず、ジュリーさんには「お化粧も、服を着せてあげることもできない」という。「どう受け止めたらいいのか」と、サビーヌさんとマノンさんは声をそろえた。」

昔は疫病が出た家は焼き払われた…など。

今は、しっかり、休む、政府にちゃんと経済補償を求めること。

自分の努力だけでなんとか…という根性論はウィルスには通用しませんね。

北海道の騒ぎはみなさんより少し早めのコロナ対策を必要としました。

確かに疲れます。食事も普段より手抜きでもいいじゃないですか?

2011年2012年の苦労をもう一度繰り返してるようなものですね。

マスク作りまで。

音楽は素朴な楽器だけのものなどをよく聞いていました。

神経が疲れてますから。

昔ながらの、せき・こえ・のどに……散は、クラスターの発生したわが地域の老人たちは口コミで使用していましたよ。

ワクチンだ~なんだ~かんだ~正体いまだ不明のウィルスに科学が手こずっています。

ドヤ顔で言ってるのは、結局は人工呼吸器であってそれは薬じゃない。ウィルスに勝ってるのは人間なんですよね。

そこ勘違いしてはいけないと思います。

外出禁止令、すぐやったサンフランシスコと一週間ほど遅れたニューヨーク

https://swell.life/article/rMYhMFSSqDXi/bayarea-is-flattening-the-curve

 

もちろん、ベースの違いもあるんでしょうけれど。

外出禁止…自粛、守ったほうがいいですね。

経済補償は、政府がするものです。そのために普段頑張って働いてるんですから。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。