イベント

  1. フランスの保養希望

    もう、日本中のあちこちで保養が始まっていますね。日本人ってすごいですね。子どもたちの元気な声を聞いてると、こちらも元気が出てきます。どうしても野菜ぎらい、特定の食品がダメという好き嫌いを克服してもらいたくて、個別盛りにしています。

  2. 鹿児島県知事選せってます!

    三宅洋平氏のおいあげも、東京選挙区のダークホースとなりました。そして立ち上語りが遅かった鹿児島県知事選もとうとう、原発推進派の伊藤現知事と、ストップ川内原発の三田園氏とのデットヒートにまで持ち込んでいます。

  3. 日本に起こってるおかしなこと

    ・NHKが選挙の日程や、選挙そのものなどにふれない。

  4. 三宅洋平、そのアートのちから

    日本の政治的歴史上、はじめての野党共闘。すごいことだと思います。とにかく、選挙区は野党を応援して、比例は候補が一本化できなかったので、この5年間いちばんがんばっていた!と思う人の政党に入れてあげてほしい。

  5. 夏の保養受付中 その1 毒素?の見える化

    夏の保養PDF>福島原発事故は、チェルノブイリ原発事故と被ばくの条件が大きく違っています。1)事故のあと、長期間、空間線量が高かった。チェルノブイリは消火は10日で終了。1ヶ月で空間線量が下がり、土壌汚染の問題になった。2)居住空間の基準値が日本のほうは高い。

  6. 夏の保養募集のお知らせ\(^o^)/・北海道in佐呂間(山の家)編

    今年の夏の保養のお知らせ★北海道の佐呂間町というところで、大きな一軒家を借りて行うことができるようになりました。\(^o^)/♪ところ 北海道佐呂間町♪建物外観正直、なにもないところ(北海道風に言えば)。

  7. チェルノブイリ35年フクシマ10年の悲劇はあるのか‥

    今年の4月26日で、チェルノブイリ30周年!記念のイベントは?とか聞かれることもありますが、正直、青い息吐息で迎えました。実際には、私達が活動をはじめて約25年、さらにチェルノブイリ現地のNGOと「これまでの活動のまとめ」の打ち合わせを、2月の末にドイツで行いました。