ブログ

投票に行きましょう!

選挙の前になるとスキャンダルで映像が取られて嫌だなぁ。マスコミは選挙の話題さけてる。

投票日の夜八時になったら急にギャンギャン元気になる。

闇営業。そういえば、吉本の舞台に出演してた自民党議員もいましたね。

 

 

民主主義の国、そして、男性にも女性にも投票権がある。

それが日本国憲法に基づいたものです。

戦争の前は女性に投票権もなかった。

だから、戦争に反対できなかった…ことを責められないんです。何をやってたの?は言えない。

でも、今は投票権があって、万が一、戦争に加わるようなことになったら、未来の子どもたちから「何やってたの?」といわれても言い訳ができない。

というわけで、投票に行って、民主主義に参加しましょう。

お金持ちは必ず選挙に行きますよ。自分たちがますます豊かになるために投票してきます。

自分の気にいった候補者がいなかくても、自分たちを貧しくする議員を落とす…というのも、一つの選択です。与野党ありのりって選択肢が無いことがたまにおきますが、それは民主主義の破壊ですね。

私はそういう人たちは嫌いです。

参議院選挙は、選挙区と比例代表という2種類の投票を行います。

選挙区は、その地域によって、候補者が違います。

下の写真は東京選挙区の、れいわ新選組が出してる見本です。

これをみると、選挙区、そして、比例にわかれています。

比例代表のわかりにくさは、「れいわ」「れいわ新選組」「山本太郎」と書いてもどれもOKです。

(新選組の選の字を間違わぬように)

ここが本当にわかりにくい。

選挙公報をみてください。各政党、比例代表の顔写真が載っています。

(れいわ新選組は写真が載ってない)

各選挙区では、怒濤の闘いが繰り広げられています。

年金、改憲、などなど、争点があったり、隠されたり

トップは早々と決まり、そのあとどっちが入る?という闘いになっています。

一つの勢力が3分の2をもってるため、どんなトンデモ法案でも通ってしまっていますから、バランスが崩れています。

願わくばバランスを取り戻して欲しい。偏るのは危険です。

選挙に毎回参加して、それが自分の人生を変えることに参加してることなのだ、ということを理解してもらいたいです。

本来なら学校で教育されること。

日本の学校は何も教えてない。おかしな組織です。

言いなりになることだけ教えてる。それがとても幅の狭いものの考え方で、そのような人は後の人生とても苦労します。

山本太郎さんが自由な発想なのも、学校教育の調教を受けていないからなのかもしれません。

大切なのは人の道です。それは自分でつくっていく道ですから。

関連記事

コメントは利用できません。