ブログ

タイの洪水時のEM使用の記録

2011年に起こったタイの大洪水のときに、EMを使用したときの日本語の記録の文章です。
タイでは、軍がEMの活性液(培養した物)を国民に配布する役割をになっていました。

西日本でもEMを日々ボランティアで使用したりしてるネットワークがあります。
今はとにかく配布する体制を整えておられるところだそうです。
あまりに広範囲の被害に驚いていますが、怖いのは疫病ですね。
すでに今日は結膜炎などが増えてると。
それほどの汚水による汚染が暑さで砂埃となって舞い上がってるとなるととても心配です。
もちろん、EM否定する人たちも多いのですが、タイも暑い国です。
その国で、スラム街の生ゴミや汚水まで流れ出して、危険でした。
参考にしていただければいいかと思います。
本当は辺り一帯に、ジャーって噴霧すると、雑菌が収まるのですが。
ボランティアさんの動きが出てきたらお知らせしますね。

★タイの洪水時の報告書(日本語訳)
taikouzui2011

1)洪水に見舞われたタイ(2011年)驚くことにタイはほとんど台風などがない国だったそうです。

2)タイの軍隊が、配布や散布を率先しました。

放水してるところです

3)EM団子というものを投入して、水の中で増えるようにします

スラム街などのゴミが流れ出してるのがわかります。大変危険です。

4)EM活性液(培養して増やした物)を国民に配布したり、国民がタンクのところにまでとりに来ています。

5)EMの使用方法の解説  「国民を案じてる…」日本では天皇陛下しか言ってくださらないかなぁ。

6)

7)

8)

  • タイの洪水時のEM使用の記録 はコメントを受け付けていません。
  • 事務局日記

関連記事

コメントは利用できません。