ブログ

痙攣発作も赤ちゃんの口呼吸が原因「病気知らずの子育て」(西原克成著)

11月25日(土)西原克成先生の講演会のお手伝いをしています。
西原先生の理論が医学界の主流の見解になってるとは言えません。
医学界というのは、現実認識が20年遅れることも、普通ですから、多くの患者さんの症例をお持ちになってる西原理論をご紹介させていただきます。

先生の著作の中で気になったことを著作の中からご紹介していきます。

「最近、急増してる赤ちゃんのトラブルで、小児科医がまったく対応できてないのが、生後間もなく母乳育児・人工栄養保育(哺乳びん)にかかわりなく授乳中にお乳が気管に入り、むせて赤ちゃんが貧血状態になり痙攣(けいれん)のような発作を起こす症状です。
 これはひどい口呼吸習慣を持つ、両親から生まれた子です。小児科医は、赤ちゃんのてんかんと診断して抗痙攣剤を投与するだけで、それ以外なすすべを知りませんが、これは両親と赤ちゃんの口呼吸が原因なのです。
~中略~
 両親が口呼吸だと、この行動様式(口呼吸)は100%赤ちゃんに受け継がれますから、生まれながらにして口呼吸の赤ちゃんです。そうすると鼻孔と気管の連続性がすでに失われています。
しかし出生直後の赤ちゃんは、まだ本能という声明記憶では、鼻呼吸しながらお乳を吸う咽喉部の呼吸の連続性しか知りませんから、せっせとお乳を吸いながら、ときどき口で息をすると、お乳が気管にはいりそうになるのです。入ってしまうと肺炎で死んでしまいますが、赤ちゃんの場合は、大人とちがって、入りそうになると機関が閉じてお乳が入らないようになっています。そのとき、気管が痙攣発作のように収縮して、酸素不足となり、顔が真っ白になるのです。
 これは痙攣ではないので、まず抗痙攣剤を投与することはやめて、一日中せっせとおしゃぶりをさせて鼻呼吸を習得させ、手も足も温かく、夏でも冬でもけっして冷たくしたり、冷やしたりしないようにして、母親はビフィズス因子を服用し、ばい菌のない母乳を与えることです。」

 鼻呼吸と口呼吸の関係は、マンガを参考にしていただければと思います。
https://www.kakehashi.or.jp/archives/13700

口呼吸の弊害がこれほどまでとは思いも寄りませんでした。
しかし、昔の人が「風邪は万病のもと」と言ってました。なぜなんだろう?
風邪ぐらいでと思っていましたが、結局、口呼吸をしていれば、ウィルスが鼻の免疫細胞で防御されることなく、喉を直撃して、全身に回っていく。
鼻のトラブルから、腎臓のトラブルへ、飛び火する関連性もこの頃よく指摘されるようになってきました。

対処用としては
1)母乳をあげる母体の汚染状況(添加物、農薬、放射能、薬品、洋風に偏った食べ合わせなど)で母乳が、おいしくない。
母乳は赤血球のない血液です。できるだけ妊娠前から、良いものを食べてほしいと思います。

2)どうしても母乳がでない場合は、安心できる人工乳
その場合の哺乳瓶はドイツ製のヌークがいいと言われています。おしゃぶりも。
それは赤ちゃんの母乳を吸い出す「きゅうてつ」という行動を疑似体験させるものです。
(押せばポタポタ出るような日本製は、おすすめできません)
それで、鼻呼吸の訓練になること

3)おしゃぶりで、鼻呼吸の訓練
ドイツでは、早くも戦後に、子どもたちの口元の異常から、このような研究が行われたそうです。
日本がこの分野で遅れてるどころか、「おしゃぶりをすると出っ歯になる」というデマが結構昔から流れていました。しかし、矯正歯科が大繁盛してる。
うつぶせ寝も、歯ならびが悪くなる原因の一つです。

4)乳歯が生えそろうまで母乳が大切

5)大人も、口呼吸をしていたら、風邪やインフルエンザにかかりやすいし、夜の口呼吸は歯周病の原因になります。意識して鼻呼吸の訓練を。
特に原発事故後マスクをする機会が多いのですが、マスクをすると口呼吸になりやすいので注意が必要です。
薬局で、口閉じテープなども売っていますから試してみてください。
諸外国では大きな子供用のおしゃぶりも売ってるというですが。
訓練しないと寝てるときも、鼻呼吸にすることは難しいです。

11月25日(土)
『本能に本能に根ざした日本伝統育児法でわが国は再生する』
~重力進化学の究明による赤ちゃんと大人の難病の克服法~
講師 西原克成医学博士 
♪開場 10:00
♪講演 10:30~12:00
♪12:00~12:30 質疑応答
♪会費 無料ですが、要予約 
♪会場 東京都文京区春日1‐16‐21
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/civiccenter/civic.html
♪申し込み法 
①フライヤーのQCRコードにお名前と人数を書いてメール
②携帯07047935729
♪協賛 受付中です。
♪託児 会場にキッズルームがあるので、文京シビックセンターに、事前に必ず予約をお願いしてください。m(_ _)m
キッズルームシビック 0358031396
事前に面談で打ち合わせが必要なため、会場にお子さんと一緒でもOkです。

https://www.facebook.com/events/350545028749175/

  • 痙攣発作も赤ちゃんの口呼吸が原因「病気知らずの子育て」(西原克成著) はコメントを受け付けていません。
  • 事務局日記

関連記事

コメントは利用できません。