チェルノブイリへのかけはし

特定非営利活動法人チェルノブイリへのかけはしの公式サイト&ブログ

チェルノブイリへのかけはし header image 2

健康相談症状マップ

6月 18th, 2011 · 16 Comments


健康相談症状マップ>>

 
問題提起!
関東圏・医療相談会ご報告 「低線量・内部被ばく疑い」

 

 日本では低線量内部被ばくの研究はほとんどすすんでおらず、その実態を知っている医師もほとんどいません。
チェルノブイリの子供たちを見てきた私たちにとって、関東でそのようなことが起こっても不思議のない放射能値がそこかしこで計測できます。
 
 ただちに影響が出ないと言っている科学者や医師のみなさん、チェルノブイリの村で年間被曝量1ミリシーベルト以下であっても子供たちに症状はあらわれています。もっと、もっとチェルノブイリに行って学んできてください。(彼らは90%以上、その汚染された畑で自給自足で汚染されたものを食べて続けて成長していることも原因です。)
 
 関東でこのような症状があらわれているのに、すべてを花粉症やアレルギーのせいにすること、「長引く風邪」と言われることも、母親たちを納得させることができませんでした。いつもと違う!その母親たちの話に耳を傾けてあげてください。
 
今回、私たちは、あえて目立つ3つの症状だけ、ここにご報告させていただきました。(症状があらわれた時期も載せていません。)
 
しかし、もっともっとたくさんの症状があります。
頭痛、首のしこり、倦怠感、疲労感、目のかすみ、アレルギーの悪化、湿疹の増加。咳、たんなどなど。
そのどれをとっても、チェルノブイリの子供たちの症状に重なること。
どうか、もっともっと丁寧に、症状を訴える患者さんを見てあげてください。
 


Tags: フクシマ事故関連


▼コメント

(※管理者が承認した後の公開になります。返信は下に表示させています。 )
 

コメント・トラックバックは締め切りました

コメントしてください

栃木県に住んでいるものです。福島原発から100Km程度の距離なので、汚染も深刻(近隣の学校校庭が1マイクロシートベルト弱)なのですが、1マイクロシートベルト超えていないために表土処分してもらえません(涙)しかも、相変わらず給食は地産地消を目指しています。

我が家は疎開は現実的に厳しいので、できる範囲で除染しようと、スピルリナや萬寿のしずくを内服し、お風呂もEMWを入れはじめました。
最近、外から帰宅後は鼻洗浄させようと萬寿のしずくの希釈液を携帯用の噴霧器で鼻と喉を潤すようにしました(子供は4ヶ月と5歳の2人です)

5歳の息子は鼻血を出すのですが、もともとよく鼻血を出していたので震災の前後での差は無いんです。
ただ4ヶ月になる娘が元気ではあるものの、何度も鼻風邪をひいてしまっていて放射能関連か?と不安になっています。
鼻や喉に噴霧させる場合は萬寿のしずくの原液の方が良いのでしょうか?
また、スピルリナや萬寿のしずくは乳児には何ヵ月頃から与えて大丈夫なのでしょうか?

また、栃木県全体で平均されてしまい「安全」と片付けられてしまうんですが、私たちの住む北の方はどう考えても安全とは思えないんです。
こちらの方でも健康相談会やお話会を企画してもらえないでしょうか?


 

流山市在住の二児の母です。
野呂さんの講演会南柏に行けなかったのですが、三茶での動画を拝見しました。
軽い喘息のある娘三才の咳がで始めたので、小児科にいきました。念のため「リンパはどうですか?」と聞いた瞬間、いつも穏やかな医者の態度が一変。
私を睨みつけるようにして、「何でそんなこと聞くの?お母さん。この子のリンパが腫れてたら、この辺の人みんな死んでるよ。福島にでも連れて行ったの?作業員でも腫れないよ。自分のことばかり考えてるから。お母さ
ん我慢できない性格みたいだから避難したら?この辺が本当に危なかったら避難勧告出るから。」など延々と八当たりされました。
当たる相手は私ではないだろう。
子供の前で死ぬという言葉を連発し、ろくに診察もしないで薬出しとくから(さっさと出てって)と
言わんばかりでした。
悔しくて頭にきましたが、ほとんど反論もできず娘の前で罵倒された気分で、一日が台無しで、思い出すと腹が立ってしょうがありません。娘の悲しそうな顔が焼き付いています。
医者にそんなことを言われると思わなかったし、何の知識もないばか親扱いされたような感覚です。


 

にしまさん、そんな医者もう絶対に行かないほうがいいじゃない?早めにわかってよかったよ。しかも言っていることがおかしい、子供のリンパが腫れて周囲の人がなんでみんな死んでるの?。この人何か異変を感じているのかもしれませんよね。


 

yukoさん、お話会などはこちらから企画するのはむずかしいのでグループなどをつくって、おはなし会の申し込み(ホームページのところ)に申し込んでください。
地産地消の問題は大きいですね。そういうことも地域のお母さんたちと協力しあわないといけないでしょうし。
スピルリナは、健康食品ですから、その表記をよく見て、何歳からとか書いてあるはずです。たくさんあるので、私もわかりません。
乳児などにそのような人工物はきついかもしれませんね。
鼻や喉に噴霧する場合、EM1号による室内浄化もおすすめです。一号を拡大培養してお風呂や洗濯、そしてシュッシュして吸入しつづけることで、喉鼻の粘膜を強くすることができると思います。4ヶ月の赤ちゃんですよね?原液でなくてもいいかもしれませんが。症状の深刻さがよくわかりません。
私は鼻の奥がチクチク痛いときは、ゴールドの原液をスポイトで送り込んで洗いましたが、これは大人でも痛い。一日に何度もしました。


 

そうですね、野呂さん本当にその医者本人が
異変を感じているんだと思います。
流山市の耳鼻科でもそういう反応をされたと、他のお母さんに聞きました。

もう行くことはないですが、今信頼できる医者がここには居ません。

今医者よりお母さんたちの方が必死に勉強しまくってます。

ありがとうございました。


 

先日亀有のお話会に家族で参加させて頂きました9才女の子と5才の男の子(ダウン症)がいます。9才の子が一ヶ月下痢が続いています。口内炎も出来てきました。医者に通い薬も飲ませ続け…医者に言われるまま一日絶食などもさせ…医者も替え…いろいろ放射能の心配など質問すると、「下のお子さんダウン症ですかぁ」と言われ…。だから上の子も弱いのでは?とでも言いたいのか!上の子は今まで健康そのものでした。
今朝も下痢です。どうしたら良いか…気が狂いそうです。


 

赤羽 麻由美さん、汚染されている食べ物のせいで口内炎ができることがあります。食事を抑えめにしてりんごのすりおろしなどで。でも、何日も止まらない下痢なので、とにかく汚染されていないものを食べさせてあげてください。
親戚など一週間でも、脱出できると親子ともども安心かなぁと思います。酵素ジュース、お味噌汁、などなど菌のものもおすすめです。


 

うちは館山市です。
3人の子供が居ます。5才4才2才です。
3月下旬から4月下旬まで私を含め全員が下痢してました。
(それまでは自宅の井戸での水を飲んでました)
5月からはミネラルウォーターに代えた所、全員下痢は治りました。
また4才の娘は4/11から1週間の間突然鼻血が出ました。
4/23にも同様の症状。
アレルギー持ってるのですが、ひどくなる一方です。
病院に行った所、白血病の疑い有りとの事で経過観察と言われてます。
5才の息子はここ最近倦怠感を訴え、熱は無いが元気が無いのと寝てるのにクマがあります。

ひょっとしたらと思うとゾッとします。


 

尾形 昌彦さん、3人とも、ひんぱんに検査をするようにしてください。食べ物を汚染されていないものに切り替えることが大事です。給食どこの産地のものが出ているのか確かめてみて。


 

病院に連れて行くようにします。何科を受診するのが良いのでしょうか?
現在、4才の娘が高熱を出して3日目になるので小児科に連れて行きますが、現在までの症状から何科を受けるのが最適なのでしょうか教えて頂けますか?


 

尾形 昌彦さん、お医者さんは考えすぎとかいろいろ言われると思います。小児科ですよね。心配だから念のため、ということで理解してもらうしかないと思います。


 

病院に連れて行きましたが、結局夏風邪で終わってしまいました。
娘は先週も同じ症状で風邪が治ったと思った矢先にまた今回の熱がでたので受診させったのですが、
医者の回答としては福島から距離離れてるから安全です。心配しすぎです。問題無いですと・・・
でもリンパが腫れてると言ってるんです。
心配だから念のためと言ったんだけど理解してもらえませんでした。
これが現実かと実感しました。
ここでのアドバイスを元にうちは子供を九州へ疎開させる事を決意して近々疎開させます。
私たち親も今の仕事が片づけば向かいます。
低線量だから問題無い。
この一言では片づけられない問題ですね。
ただ私の居る館山市では汚染されてない食材を探すのが大変です。
どこのスーパーも関東圏か東北産の物しか無く
結局西日本等の農家さんから通販で買うしか手が無い状況になってきました。
生活が破綻寸前です。


 

尾形さん、お察しします。本当に心配ですね。家族の心が一つに固まっていることがいちばんの得難い財産です。
それを胸に歩いていってください。


 

医師です。
皆さんの切々とした訴え、重く受け止めます。
残念ながら、日本医師会はじめ各学会・・・圧力がかかっているとしか思えません。

特に今後の被害が懸念される産科・小児科は、既に情報隠蔽の体制を調えつつありますし、今般の事態に際し権威と見なされ易い放射線学会も同様です。
(実のところ、放射線科の医師たちは検査・治療に精通しているだけで、原発事故対応に関する能力はまったく保障されていません。素人です。)
更には被曝地の基幹病院になる福島医大附属病院・・・副学長に誰が就任しましたか?

それぞれの声明や各種表明文を読むと、明らかな異常さを感じぞっとします。

お金で動く体質は昔から懸念されてきた医療界、当然かも知れません・・・これまで法律や医学教科書に示されてきたことが、いとも簡単に覆されてしまいました。何の論議も無く。

用心してください。
お母さんの訴えを跳ね除ける医師は、統制下にある医師でしょう。
解決策は示せないけれど、親身になってくれる医師(もはや少数派かも知れませんが必ずいます!)は、皆さんの見方です。

医師免許を取れたからといって、それが人間性を保障するものではありません、ただ試験をクリアした。それだけです。

一方でどんなに善意の医師であっても、放射線被害の研究が常に抑圧・排除・隠蔽されてきたが為に、明らかな見解を示すのは困難な場合は多いと思います。
お母さんも焦らないでください。
しっかり主治医と連携しながら、経過を診てもらってください。

医療界の構造に疑問を感じながらも、行動を起こせずにいた自分を悔やみます。
お母さん方、
本当に申し訳ありません。


 

FKさん、涙こぼれました。
いろんな意味で。


 

こんにちは。事故から4カ月たってこんな症状が子供にでたことがどうしても納得できません。15歳。高1男子。ひどい口内炎からはじまり、発熱、リンパの腫れ。2週間も熱がひきません。血液検査の結果、ALPの数値が高い。医師の所見は、EBウイルス感染症。薬はなく、1か月ぐらい様子をみて自然治癒を待つしかないとのことです。私の記憶では、リンパを腫らすなど生まれて初めてのことです。
なぜ、免疫機能がやられたのか、答えは一つしかないと思っていますが、相談できる医師も思い当たらず、暗澹たる日々です。